ユーザ用ツール

サイト用ツール


office_outlook_2013

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

office_outlook_2013 [2014/04/24 17:57] (現在)
admin 作成
ライン 1: ライン 1:
 +====== Office Outlook 2013 ======
 +
 +   - 「Outlook 2013」を起動し「ツール」メニューの「ファイル」タブをクリックします。 ​
 +   - 「アカウントの追加」をクリックします。
 +   - 「自動アカウント セットアップ」の画面が表示されましたら、「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)(M)」にチェックを入れ、「次へ」をクリックします。
 +   - 「サービスの選択」画面が表示されましたら、「POP または IMAP(P)」を選択して、「次へ」をクリックします。
 +   - 「POP と IMAP のアカウント設定」の画面が表示されます。
 +   - 電子メール アカウントを入力します。
 +      * ユーザ情報
 +         * 名前:お客様の名前(差出人の名前)
 +         * 電子メールアドレス:SITEMIXの「メールアドレス設定」で作成したメールアドレス
 +      * サーバー情報
 +         * アカウントの種類\\ 受信サーバ:POP3\\ 送信サーバ:SMTP
 +         * メールサーバー:mail.ドメイン名\\ ※test.com -> mail.test.com ​
 +      * メールサーバーへのログオン情報
 +         * アカウント名
 +            * ユーザー名**%**ドメイン名 \\ ※「info@test.com」の場合は「info%test.com」
 +         * パスワード: メールアドレスを作成した際に設定したパスワード
 +         * パスワードを保存する:チェックします
 +      *[次へ]をクリックしたらアカウント設定をテストする:チェックを外します \\ \\ 入力が終わったら「詳細設定」をクリックします。 \\ \\
 +   - 「送信サーバー」タブをクリックし、以下を設定します。
 +      * 「送信サーバー(SMTP)は認証が必要:チェックします
 +      * 「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」:チェックします
 +   - 「詳細設定」のタブをクリックし、以下のように設定します。
 +      * 「受信サーバー(POP3) (I)」:110と入力します
 +      * 「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要」:チェックを外します
 +      * 「送信サーバー(SMTP) (O)」:587と入力します
 +      * 使用する暗号化接続の種類:なし
 +      * サーバーのタイムアウト:任意で設定 \\ (ウイルス対策ソフトがインストールされている場合は、長めに設定されることを推奨いたします)
 +      * 配信:任意で設定 \\ ※チェックを入れた場合、メールをサーバーから削除しません。
 +   - 「OK」をクリックして「POPとIMAPのアカウント設定」画面に戻り「次へ」をクリックします。
 +   - 「すべて完了しました」と表示されますので「完了」をクリックします。\\ 以上で完了です。
  
office_outlook_2013.txt · 最終更新: 2014/04/24 17:57 by admin