ユーザ用ツール

サイト用ツール


thunderbird

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

thunderbird [2010/08/31 14:30]
admin
thunderbird [2010/08/31 14:30] (現在)
admin
ライン 3: ライン 3:
    ​-以下の情報を入力し、「続行」をクリックします。 \\ *あなたの名前 : お客様の名前(差出人の名前) \\ *メールアドレス : SITEMIXの「メールアドレス設定」で作成したメールアドレス \\ *パスワード : メールアドレスを作成した際に設定したパスワード    ​-以下の情報を入力し、「続行」をクリックします。 \\ *あなたの名前 : お客様の名前(差出人の名前) \\ *メールアドレス : SITEMIXの「メールアドレス設定」で作成したメールアドレス \\ *パスワード : メールアドレスを作成した際に設定したパスワード
    ​-メールアカウントの検索が始まるので一旦「中止」をクリックします。    ​-メールアカウントの検索が始まるので一旦「中止」をクリックします。
-   ​-以下の情報を入力し、「設定を再テスト」をクリックします。→クリックすると設定が反映されないことがありますので、再度設定して、「設定を再テスト」をクリックします。 \\ *ユーザー名 : メールアドレスの「@」を「%」にしたものを入力します。(例えば「info@test.com」だった場合「info%test.com」) \\ *受信サーバー : mail1.ドメイン名(例えば「mail.test.com」) \\ *受信サーバータイプ : POP \\ *受信サーバーポート番号 : 110 \\ *セキュリティ設定 : 「接続の保護なし」を選択 \\ *送信サーバー : mail.ドメイン名(例えば「mail.test.com」) \\ *送信サーバーポート番号 : 587 \\ *セキュリティ設定 : 「接続の保護なし」を選択+   ​-以下の情報を入力し、「設定を再テスト」をクリックします。→クリックすると設定が反映されないことがありますので、再度設定して、「設定を再テスト」をクリックします。 \\ *ユーザー名 : メールアドレスの「@」を「%」にしたものを入力します。(例えば「info@test.com」だった場合「info%test.com」) \\ *受信サーバー : mail.ドメイン名(例えば「mail.test.com」) \\ *受信サーバータイプ : POP \\ *受信サーバーポート番号 : 110 \\ *セキュリティ設定 : 「接続の保護なし」を選択 \\ *送信サーバー : mail.ドメイン名(例えば「mail.test.com」) \\ *送信サーバーポート番号 : 587 \\ *セキュリティ設定 : 「接続の保護なし」を選択
    ​-「設定を再テスト」をクリックし、受信サーバー、送信サーバーのランプが共にオレンジ色になったら「アカウント作成」をクリックします。    ​-「設定を再テスト」をクリックし、受信サーバー、送信サーバーのランプが共にオレンジ色になったら「アカウント作成」をクリックします。
    ​-警告画面が表示されたら[接続する上での危険性を理解しました]をチェックし、[アカウント作成]ボタンをクリックします。→以上で設定完了です。    ​-警告画面が表示されたら[接続する上での危険性を理解しました]をチェックし、[アカウント作成]ボタンをクリックします。→以上で設定完了です。
  
  
thunderbird.txt · 最終更新: 2010/08/31 14:30 by admin